50万円なら年18%

ローンキャッシングした時、返済をする時には利子を乗せた返金になるのは知っていると思います。

銀行又は金融機関は収益を狙いとした会社なのですから無論問題ありません。

ですが支払う方は、ちょっとでも少なく返したいと思うのが心中でしょう。

利息制限法が適用される一昔前は、年30%近い利子返していましたが、適用後は高利息でも年率18%位と随分低く設けられているので、随分お得になったと思います。

この頃のキャッシングの利子の範囲は4%位から18%位の幅が設定されていて、使用可能額により定められます。

利用限度額は申込者の信用によって決まります。

総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、年収がどれくらいあるのか?どんな職についているのか?カードの利用履歴はどうなのか?等が審査され与信金額としてクレジットカードの内容が決まるのです。

カードローンの場合利用できる額が10万円〜800万円(各企業で内容は異なります)と広い幅があります。

そうしてその間の中で定めた利用可能金額により利子も決まります。

50万円なら年18%、300万円なら年12%、800万円なら年間4%といった流れになるはずです。

要するに査定が良ければ、与信限度額も良くなり、利息も低くなるはずです。

この利子に疑念を受けるのは私だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、それらは常識なのかもしれませんが、年収の高額な人がお金の借入れが不可欠とは思えませんし、仮にキャッシングサービスを利用したとしても利子がどうであると支払いに悩む事はないでしょう。

逆に一年の収入の低い人は直ぐに必要だから融資を受けるという方がほとんどです。

利子が多いとお金の返済に苦しむはずです。

ですから使用可能範囲の小さい人こそ低利子で使用できるようにするべきです。

これらは利用するサイド側としての考えではあります。

この事を考えると、利息を少なくする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと感じたでしょう。

事実、これから書く方法で、手続きを申し込む人がたくさんいるので説明しますと、カードローンの手続きをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みをするのです。

申込みの審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分利息が良いクレジットカードを持つことができると思います。

とは言ってもMAXギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。

5万円でも50万円でも必要な分だけの使用できます。

そのうえ利用限度可能金額が300万円で最低利子年間7%位の金融会社もあるのです。

そちらを手続きを申し込めばその金融会社の最低利息で使用できます。

どうですか?見方を変えるだけで低利率のキャッシングカードを手に入れることが出来るはずです。

自分の一年の収入とカード会社の利息を照らし合わせて、調査さえ怠らなければ、より満足できる状況でキャッシングできるので、ちゃんとチェックするようにしましょう。

Link

Copyright © 1996 www.er7amni.org All Rights Reserved.