www.er7amni.org

お酒というものは一人で飲んでもよし気の合う仲間と飲んでもよし、またコミニュケーションツールとしての役割を果たしていますので、円滑な人間関係を深めていくためにはとてもいい飲み物であると言えます。しかし当たり前のことですが飲み過ぎてしまっては体に悪影響を及ぼす可能性も十二分にありますので、全くアルコールを摂取しない日である休肝日を設けることがとても大事なことであると言われています。よく言われているのが週に2日間くらいは休館日を設けて、アルコールを分解するための重要な内臓である肝臓をゆっくりと休養させてやる事がベストであると考えられています。また肝臓だけでなく他の胃や腸といった内臓もアルコールを摂取することによって傷つく可能性がありますから、アルコールを飲まない日を作るということはとても大切なことなんです。毎日お酒を飲み続けるということはアルコール依存症のリスクも高まりますので、その点でも休肝日を作ることはとても意義のあることなんです。

Link

Copyright © 1996 www.er7amni.org All Rights Reserved.